シングルライフを素敵に生きよう!
 お金を貯める方法★シングル女性の老後資金はいくら必要?

  
HOME 当サイトについて プロフィール リンク集 姉妹サイト サイトマップ

 シングルライフを素敵に生きよう
シングル(非婚者)の心得
「仕事」の事
「副収入、投資」の事
「保険・年金」の事
「住まい」の事
「親との関係」の事
「食生活」の事
「健康」の事
「恋愛・結婚」の事


恋愛・結婚
健康・ダイエット
マネー・資産運用
節約
その他


        姉妹サイト
    《お勧めコンテンツ》
現代の結婚事情
恋の賞味期限
男女が好む性的魅力とは
都合のいい女
モテる男の秘訣とは







 
お金を貯める方法★シングル女性の老後資金はいくら必要?

シングル(非婚者)として生きるための「副収入、投資」
  お金を貯める方法★シングル女性の老後資金はいくら必要?
  シングルの厳しい経済事情★親同居未婚者が増加傾向!
  お金の貯まる人、貯まらない人★人生設計のできる人はお金が貯まる!




シングルで生きていく決断をしたら必要なのはやはり資金力です。「老後資金はいったいいくらあれば安心なの?」漠然と考えている人も多いのではないでしょうか。


もちろん、どんな暮らし方をするか、どこに住むか、年金はいくら貰えるのかで必要になる金額は大きく違ってきますよね。


単純計算して大体いくら必要なのか計算してみましょう。


35歳以上59歳のシングル女性の1ヶ月の平均支出額は「189,050円」(平成20年度、総務省統計局)だそうです。


年間の支出額は約230万円、60歳で退職したと仮定して退職後の生活資金は(女の平均寿命は約86歳(定年後の生活年数26年、平成20年度厚生労働省発表より)とした場合・・・


【例】 230万円(年間平均支出)×26年(退職後の生活年数)=約5,980万円


なんと、単純計算しても約6,000万位の生活費が必要となるわけです。さらに病気や介護、お葬式代などに備える予備費を多めに設定して約1,000万円程をプラスすると約7,000万円以上のお金が必要になるということです。


ここから公的年金や企業年金で貰える額を引いた額が自分で用意しなければならない不足額になるというわけです。


貴女は自分の年金がどのくらい貰えるのかをちゃんと把握してますか? 現在、公的年金加入者には「年金定期便」を郵送しています。保険料の納付月数や未納月数などきちんと確認していますか?


公的年金が将来どれくらい貰えるのかを確認して不足分を貯蓄するなり、個人年金に入るなりして補足しておく準備も必要です。


「足りなかったら足りないでなんとかなるでしょう」なんていう楽天的な考え方の人もいると思いますが、もちろん人それぞれですが準備しておいて無駄なことは何もありません。むしろ安心して老後を迎える準備もできるはずです。


★お金を貯める方法


以前見た「マルサの女」という映画のシーンで高額の脱税者の男性に「どうしたらお金が貯まるんですか」という質問をしたときにその男性が言ったことが・・・


「コップの中に半分くらい水が入っていたとしましょう。いくら喉が渇いていても飲まないで我慢して、コップの水が7分目、8分目と増えていずれコップ一杯の水が貯まる、それでも飲むのを我慢して、コップから水が溢れたときにようやく溢れた分だけの水を飲むことが出来るんだ、それがお金を貯めるコツだよ・・・」、私のうる覚えの記憶なので表現が確かかどうかは未確認ですが、多分そのような事を言っていたような記憶があります。


とても印象的なシーンだったのでよく覚えているんですが、つまりお金の貯まらない人はどうせ少しくらいのお金を貯めてみたところで大した金額にはならないんだからと、貯めることを諦めてしまっているから貯まらないのです。


「塵も積もれば山となる」ということわざ通り、小さな額でもコツコツ貯めていれば知らぬ間に大きな金額になって、いつしか貯める事が苦痛ではなく楽しみにさえなるのです。


★確実にお金を貯めるには・・・


やはり積立が強制的にできるような「積立貯金」「定額積立」など、預金金利は1%以下とどこでも似たり寄ったりでさほど増えませんが、毎月の給与が振り込まれる金融機関で自動積立方式を取り入れれば、その自動積立金は最初からないものと思っていればなんとなく生活費に消えてしまったということもなくなるのではないでしょうか。


貯金はなんとなくするものではありません。幸せな人生を手に入れられるかどうかは収入より貯蓄次第といっても過言ではありません。


「あなたは年間の貯蓄額はいくらですか?」と問われて「年間数十万円の貯蓄をしています」とすぐに答えられる人は意識して貯蓄をしている人です。「なんとなく余ったら貯蓄しています」これではまとまった額は貯まりません。


また家計簿をつけているかどうかも重要です。家計簿をつける目的は「1ヶ月の支出額」と「年間の貯蓄額」を把握することです。


支出額を見直してみると自分のクセが発見できます。高価な洋服や娯楽費の使い過ぎ、見直してみると削ることができそうな部分がちゃんと見えてくるんです。


そこのところを意識して生活するだけで無駄な消費は避けられますし、その分を貯蓄に回すこともできます。


すべては貴女の考え方次第です。将来に備えてお金の準備をしておくことがシングルライフを充実させるポイントなのではないでしょうか。


余計なお世話ですが、くれぐれも大切な貯金をどうでもいい男のために使うなんていうことのないように、お金目的で近寄ってくるダメ男には引っかからないように賢い選択のできる女性でいてくださいね。

 
CopyRight シングルライフを素敵に生きよう! - All Rights Reserved
*iphone アプリ 開発
*スマートフォン 開発