シングルライフを素敵に生きよう!
 人と上手に付き合う方法★プラス思考、マイナス思考の違いは!

  
HOME 当サイトについて プロフィール リンク集 姉妹サイト サイトマップ
 シングルライフを素敵に生きよう
シングル(非婚者)の心得
「仕事」の事
「副収入、投資」の事
「保険・年金」の事
「住まい」の事
「親との関係」の事
「食生活」の事
「健康」の事
「恋愛・結婚」の事


恋愛・結婚
健康・ダイエット
マネー・資産運用
節約
その他


        姉妹サイト
    《お勧めコンテンツ》
現代の結婚事情
恋の賞味期限
男女が好む性的魅力とは
都合のいい女
モテる男の秘訣とは








人と上手に付き合う方法★プラス思考、マイナス思考の違いは!

シングル(非婚者)として生きるための「心得」
  人と上手に付き合う方法★プラス思考、マイナス思考の違いは!




★人との上手な付き合い方


シングルで生きていく覚悟をしたのであればやはり「人との上手な付き合い方」を学ばなければなりません。「大人になってから友人を作るのは難しい・・・」そんなことはありません。それは貴方の考え方や努力次第なんです。


社会生活を送る上では気の合う仲間とだけ付き合っていればいい、と思ってみてもそれは無理な事ですよね。職場に行けばいろいろなタイプの人がいて、中には自分とは相性が合わないと思う人だって当然いるはずです。


だからと言って、同じ職場にいる以上挨拶や礼儀をわきまえなければなりませんし、表面上だけでも円満な関係を築いていかなければ職務上に差し障りが出てきます。


「大人になる」ということは、どんな人とでも自分の感情を抑えて理性的な態度で接しなければならない、ということです。嫌な人だからと言ってあからさまに不愉快な顔をしたり、態度に表すようでは大人としては失格です。そう思いませんか?


また、人間の心には妬みや嫉妬心があるため、その人を好きになれない、という場合もあります。


同期なのに自分より出世が早い、給料が高い、人望が厚く誰からも好かれる、異性にモテる、カッコいい・・・自分が持ってない物を他人が持っている、ただそれだけでその人が嫌いになる、ということもあるんです。


人から好かれないのは「自分自身に好かれない原因があるから」なのです。友人ができないのではなく、貴方自身が友人ができないような言動や行動をとっていることが問題なんです。


生涯シングルかも・・・と思っている人の多くは人間関係が苦手で人との接触を自分から避けてしまっているのです。親友もいない、恋人もできない、家族ともうまくいかない、このままでは社会から孤立してしまうのは目に見えています。


今、社会問題になっている「孤独死」は高齢者だけの問題ではなく、30代とか40代の若い世代でも「孤立死」が増えているのはニュースでも報じられていますからご存じですよね。


生涯シングルで生きていくには、社会から孤立しないことが大切なんです。親兄弟以外の人とも上手に付き合って“仲間”を増やしていきましょう。


お互いに本音が言い合える親友は心強い味方です。時には意見が食い違いぶつかることもあるでしょう。でも生涯の友です。言いにくいことも本音で言ってくれる貴重な存在なのですから大切にしてください。


もちろん軽い友人でも数人はいてもいいと思います。楽しい時だけ一緒に過ごす友人が何人かいてもいいではないですか。


「ダイヤはダイヤでしか磨かれない」と同じように「人間は人と関わることでしか磨かれない」のです。人間力を高めたいなら人との接触を積極的に求めてください。


もしかしたら異性の友人がいつの間にか生涯のパートナーになる可能性だってあるんですから。


★プラス思考で生きるということ


人間には「プラス思考」で考えるタイプの人と、「マイナス思考」で考える癖のある二通りのタイプがいます。


例えば、子供の頃の体育の時間に水泳をすることになりました。簡単に泳げる子と苦手な子が必ずいたりしますよね。


A君は元々泳ぎが好きで得意だったのでどんどん上達していきました。B君は水に浸かるのが苦手だったのでどうしても「できなかったらどうしよう」という不安の気持ちが強くていつまでも泳げるようにはなりません。


親や先生から「どうしてB君だけ泳げないの?」なんて言われたりしたらなおさらです。「また失敗したらどうしよう」という気持ちが強くてますます泳げなくなりました。


物事には「好き・嫌い」と「出来る・出来ない」は違うわけです。決して水泳は好きではないし得意でもないけど、泳げないわけではない、という人もいますよね。


泳ぎが好きな人は当然泳げるわけですから上達も早いです。プラス思考の人はどんどん成功体験を積み重ねるので「やる気」が出ていろんなことにチャレンジしようと思えるのです。


そして一つのことを達成したら「また次の目標に向かってチャレンジしてみよう」という気持ちになれるわけです。


泳ぎが好きじゃない人でも「やれば出来る」という自信を持つことができます。それは他の事でも同じなんです。


それに反して「マイナス思考」の人は、最初から「どうせ泳げないんだから」「失敗するに決まってるんだから」というマイナスイメージが強いわけですから、絶対にうまくいきません。やはり物事には「成功イメージ」を持てることが大切だということです。


もしどうしても自分は何事に対しても消極的、と思っている人がいたら、「好き・嫌い」と「出来る・出来ない」は違うんだから、とりあえずやるだけやってみようという気持ちを持ってください。


そして1回でも成功したらそれが自信に繋がるわけですし、その積み重ねが積極的な自分を作るポイントでもあるんです。


出来ない人は最初から大きな目標を持たないことです。最終目標を10段階に設定して10段階目を成功とするならば、最初は1段階目を目指してみてください。それが達成したら次は2段階目を目指すのです。


焦らず時間がかかってもいいですから、段階を踏んで最終目標を目指してみてください。でも継続するためには辛いことだらけでは成功しませんので、途中で自分にご褒美を与えるのです。


これで貴方もいつのまにか成功者の仲間入りです。夢や希望を持って頑張りましょう。


 

CopyRight シングルライフを素敵に生きよう! - All Rights Reserved
*iphone アプリ 開発
*スマートフォン 開発